必須アイテムリスト

コースに出る前に忘れ物がないように持ち物をチェックしましょう。最初のうちは一覧表を作ってチェックしておくといいですね。

●ゴルフクラブ
ドライバー、アイアン、パター、フェアウェイウッドなど

●ゴルフボール
少なくとも10個は持っていきたいところです。

●ボールケース
ボールケースでボールを携帯しておくと、無くしたときすぐにプレイを続行できて便利です。

●グローブ
できれば予備のグローブも用意しておくと、万が一破損したときでも安心です。

●ティー
ロング・レギュラーティーやショートティーなど、いくつかの種類があります。ポケットから毎回取り出すのは面倒なので、ティーケースに入れて持っておくと便利です。

●ゴルフウェア
ウェア(上下)、ソックス、アンダーウェア、ウィンドウェア・レインウェア(天気が急変したときに重宝します)。

●ゴルフシューズ
ゴルフシューズとシューズケース

●キャップ
キャップ、サンバイザーなど。打つときに帽子のツバがジャマにならないようなものがおすすめです。冬のプレイでは、耳が隠れる帽子だと寒さ対策にもなります。

●便利グッズ
・スコアカウンター:初心者のうちは訳がわからなくなるくらい打ちますので、持っていると便利です。
・ミネラルウォーター、スポーツドリンク:プレイ中の水分補給は大切です。アミノ酸入りのスポーツドリンクなどを用意しておくと、次の日の筋肉痛を抑えられたりもします。携帯するのにボトルケースがあると便利です。

●その他
タオル、着替え、日焼け止め(夏じゃなくても紫外線は降り注いでいます。油断すると大変なことに…。スプレータイプだとグローブを脱がなくても塗りなおしができるので便利です)、防水スプレー(突然雨が降ってきたときに、あらかじめシューズにスプレーしておくと被害が小さくで済みます)、傘、カイロ(寒い時には指先が冷えて動かなくなったり、身体が固まってしんどくなります。カイロを持っていると寒さしのぎになります)。

気になる費用は?

これだけのアイテムが必要となると、気になるのはそろえるための費用。最低限のゴルフ道具を揃えるのに、大体2~3万円(本当に最低限です。ウェア等は除きます)は見ておきたいところです。

ゴルフコースの利用料は、コースによって幅があります。平日か土日か、時間帯によっても料金設定が変動しますので、ホームページなどで調べるといいでしょう。最近はリーズナブルな料金設定をしているゴルフ場も多くなっているようです。うれしい限りですね。