覚えておきたいゴルフ用語一覧

ゴルフでよく使われる用語は、私がピックアップしたものだけでもこれだけあります。ちなみに私の場合、とてもすぐには覚えきれなかったので、プレイ中はこれらの用語を書き写したメモを持ち歩いていました。

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ~ハ行 マ~ワ行

【 ア行 】

●アイアン
ヘッドが金属製のクラブの総称。近距離・中距離・遠距離用など、飛距離に合わせて種類がある。

●アウトオブバウンズ
コース外区域のこと。「Out of Bounds」を略してOBと言われる。白杭か白線で表示され、ボールが区域内に入る場合もOBという。

●アウトコース
ゴルフコース全18コースのうち、1~9ホールを指す言葉。

●インコース
ゴルフコース全18コースのうち、10~18ホールを指す言葉。

●アドレス
ボールを打つために構えを取ること。ソールを地面に設置した時点でアドレスに入ったと見なされる。

●アプローチ
グリーンの周辺から、ホールに寄せるためのボールを打つこと。

●インパクト
クラブがボールを叩く瞬間のこと。

●ウォーターハザード
池や川など、コース上に配置された水域。赤や黄色の杭で仕切られている。

●ウッド
ドライバーなど、ヘッドが大きいタイプのクラブの総称。昔は木製が主流だったため、ステンレスなどに代わった今でもウッドと呼ばれている。

●オープンフェース
クラブのヘッドが、ボールを打つ目標地点に対して右に向いている状態。

●オナー
各ホールで最初にティショットを打つ権利をもつ人。前のホールでもっとも良いスコアを出した人が権利を得る。

ページ先頭に戻る

【 カ行 】

●カジュアルウォーター
雨などの天候不良により、コース上に一時的に発生した水たまり。

●カップ
各ホールのグリーン上にあるゴール地点。正式名称は『ホール』。

●グラスバンカー
ボールが入ると打ちにくくなるよう、あえて長い芝を密集させているエリア。

●グリーン
カップの周囲に広がる、芝生が短く刈られたエリアのこと。正式名称は『パッティンググリーン』。

●クロスバンカー
フェアウェイを横切るように設置されたバンカー。

●高麗グリーン
高麗芝で構成されたグリーン。通常のグリーンと比べてボールが転がりにくくなるため、パットの距離感をつかむのが難しくなる。

●誤球
間違えて他の人のボールを打つこと。

ページ先頭に戻る

【 サ行 】

●暫定球
次に打つボールがOBやロストになる可能性があるときに、打ち直しを想定してあらかじめ打っておくボールのこと。暫定球を打つときには、事前に宣言することになる。もしOBやロストが確定した場合、暫定球からプレーを続行する。

●サンドウェッジ
主にバンカーからのショットで使われるクラブ。砂地や草地からボールを打ち上げやすい構造になっている。

●芝目
芝の生えている方向。打つ方向と同じ場合「順目」、反対は「逆目」という。

●シャフト
クラブの柄に当たる部分のこと。主にスチール素材とカーボン素材のものがある。

●シャンク
ボールを打ち損ねて右側に飛ばしてしまうこと。

●修理地
ゴルフコース内で修理中のエリアのこと。

●ショートアイアン
9番アイアン、SW、PWを総称して使う名前。飛距離が短いことから。

●ショートカット
フェアウェイが湾曲したコースなどで、OBのエリアを飛び越えて少ない打数でグリーンを狙うこと。

●ショット
クラブでボールを打つこと。ストロークと呼ぶことも。

●スライス
ボールに回転をかけて右側へ曲がるように打つこと。打ち損ねでこうなることも多い。

●ソール
クラブの先端の底に当たる部分。

ページ先頭に戻る

【 タ行 】

●ダフり
ショットのとき、ボールの手前にある地面を叩いてしまうこと。よくダフるプレーヤーは『ダッファー』と呼ばれる。

●チョロ
ミスショットの一つ。打ち損ねでボールがほんの少ししか転がらなかったときに使う。

●ティアップ
各ホールの1打目にあたるティショットを打つときに、ボールをティの上に乗せること。

●ティグラウンド
ホールのスタート地点にあたる、ティショットを打つエリア。レギュラーティ、バックティ、レディースティの3種類がある。

●ティマーカー
ティーグラウンドの範囲を決めるために設置された目印のこと。

●トップ
ショットでボールの上部を叩いてしまうこと。ミスショットの原因になる。

●ドライバー
1番ウッドの別名。最もボールを飛ばせるクラブ。

●ドロップ
池や修理地などにボールが入った場合に、ボールを拾って肩の高さから落とすこと。

ページ先頭に戻る

【 ナ~ハ行 】

●ネック
クラブのヘッドとシャフトのつなぎめにあたる部分。

●ニアピン
ホールのすぐ近くまでボールを寄せること。

【 ハ行 】

●パー
ホールごとに設定された規定打数。または、規定打数ピッタリでホールを終えること。

●ハーフ
9ホールで終了するラウンドのこと。18ホールの半分で終了することから。

●ハザード
コース内に点在している障害物。

●パター
グリーン上で、ホールに向けてボールを転がすときに使うクラブ。

●パット
パターでボールを打つことを指す言葉。パッティングと呼ばれることもある。

●バンカー
ハザードの一種。柔らかい砂で埋められており、ボールを打ち込むと出すのは難しい。

●ビジター
ゴルフクラブの会員になっていないプレーヤーのこと。

●ピッチングウェッジ
グリーンにボールを寄せるアプローチショットで使うクラブ。9番アイアンよりロフトが大きくなっている。

●ピン
ホールの位置がわかるよう立てる旗。

●フェアウェイ
ホール内で芝が短く刈られたエリア。このエリアを乗り継ぐようにボールを打っていくのが望ましい。

●フェース
クラブの先端にあるボールを打つ面。クラブフェースの略称。

●フック
左へ曲がるように回転をかけてボールを打つこと。打ち損ねでそうなることもある。

●ヘッドアップ
スイングの途中でプレーヤーの頭があがってしまうこと。ミスショットの原因に挙げられる。

●ペナルティ
ルール違反などで罰則を受けること。打数が加算される場合がほとんど。

●ホールアウト
グリーン上のホールにボールを入れて、そのホールを終えること。

ページ先頭に戻る

【 マ~ワ行 】

●ミドルアイアン
6、7、8番アイアンを総称して使う言葉。クラブの中で飛距離が中程度のことから。

●ヤード
ゴルフで使われる距離の単位。1ヤードは約90センチメートル。

●ラウンド
18ホールを通してコースをプレーすること。

●ラフ
フェアウェイから外れた部分にある長い芝で覆われたエリア。ボールを打ち込むと出すのが難しい。

●ランニングアプローチ
グリーンの周辺から強めにボールを転がし、ホールインを狙うこと。

●ローカルルール
ゴルフのオフィシャルルールとは別に、コースごとに設定された独自のルール。

●ロストボール
プレイ中にボールを紛失すること。OB地点などに飛び込むなどしてボールの位置がわからなくなった場合、5分たっても見つからないとロストボールとなる。/p>

●ロフト
クラブの先端の傾斜を指す言葉。

●ロングアイアン
3、4、5番アイアンを総称して使う言葉。最も飛距離を出せることから。

ページ先頭に戻る