見た目ほど簡単ではないパッティング

以前、遊びでパターゴルフをしたことがあります。打つ距離が短いので簡単そうに思ったのですが、目の前にカップがあるのにもかかわらずなかなか入らないので、かなり熱くなりました。実際のパッティングも、見た目よりかなり難しいもの。思いどおりにホールに寄せるには、どんなふうに打てばいいのでしょう?

●まっすぐ引いて、まっすぐに振るが基本
パッティングは、グリーンの芝目によって転がるラインが左右されるものですが、それでも“まっすぐ転がるように打つ”のが基本。そのためには、パターをまっすぐ引いてまっすぐに振り、ボールを叩くといいそうです。ボールの真ん中ではなく少し上に当てるようにすると、ボールに回転がついてよく転がるとも教わりました。また、手ではなくて肩の回転でパターを引くようにすると、まっすぐに引いて、まっすぐに打つ感覚がつかみやすいとのこと。

●打つ強弱でボールが転がる距離感をつかむ
パターを引く大きさ(角度)、つまりボールを打つ強さによって、転がる距離がどのくらいになるのかをつかむこともパッティングのポイント。それが把握できていれば、グリーンの芝生の状態や傾斜などの条件にも対応しやすくなります。まずは基本パターンを覚えておきましょうということです。

ところで、ゴルフをする方のお宅にうかがうと、たまに自宅でパターの練習ができるパターマットがを見かけることがあります。あれってどれくらい効果的なのか、興味があったので口コミの感想を調べてみました。

最も多く見られたのが、実際のラウンドでつかんだ感覚や、スクールで学んだ握り方、構え方などの復習をするのに便利という感想。自宅で感覚をつかむのには適しているようです。ただ、実際の芝とはやはりボールが転がる感触が違うので、あくまでパターの振りや、ボールを叩く強弱の練習用と割り切るのがいいようです。